風俗・デリヘル情報まとめトレド

当サイト内で掲載している記事は管理人が執筆したオリジナルテキストです。そのため無断転載・転用はお断りしておりますので、ご了承お願い致します。

イキやすい体をつくる為の自分磨き

イケる体になる方法

ある研究結果で
日本の女性が「セックスでイッた事がない」と答える方が急増しています。
また、この深刻な悩みにはどのような事が考えられるのだろうか。
今回このような結果が出ましたが
女性の本心は「イキたい」と思っている方が必ずいます。
その中でイキたいけどイケないという事に
悩みを抱えている人の為に
セックスでイキやすくする方法を説明します。
まず最初にイキやすい体を作り自分磨きを行う事です。
その為には自慰行為を行い
オーガズムをする事で得る快楽の経験や慣れが大事になってきます。
その中で「どこを触れば感じるのか」「気持ち良いと感じる場所はどこなのか」
など自分の体について詳しくなる事が大事です。
そんな自慰行為ですがやり方にも色々な種類があり
最近ではアダルトグッズの数も増えて
自慰行為をする際に指を使って行う方が少なくなりました。

股間を触っている女性

そんな自慰行為のやり方は人それぞれですが
自慰行為を行う中で感じるオーガズムは2種類あります。
それは「中イキ」と「外イキ」です。
中イキというのはGスポットという場所を刺激してオーガズムを得る方法です。
一方で外イキというのはクリトリスと呼ばれる
一番敏感に感じる性感帯を刺激する事でオーガズムを感じる事です。
またクリトリスはほとんどの女性が敏感に感じる場所でもありますので
電マや振動系の玩具を使う際には
振動を弱めにして使う事でじっくりオーガズムを感じる事ができますので
じっくり刺激する事をお勧めします。
その中でイキやすい体になるとセックスをする上で楽しくなってきます。
特に女性の場合は行為を寄せているパートナーとセックスを行い
オーガズムを感じる事で女性ホルモンの分泌も増えて
体に起こる様々なメリットが沢山あります。
また男性からしてもセックスをする中で
女性がオーガズムを感じると嬉しい気持ちになりますし
セックスのテクニックに関して自信になります。
また女性がオーガズムを得る事で嫌がる男性などいません。
逆に「もっと気持ち良くしてあげよう」と更に愛が深まりますので自分自身だけでなく
パートナーも幸せな気持ちになります。
以上の事に気を付けてイキやすい体を作り満足のいくオーガズムを得ましょう。